福祉用具・介護ロボット実用化支援等一式(令和3年度) NEW!!

お知らせトピックスページの先頭へ
  • 事業の背景・概要
  • 相談窓口/お問い合せ
  • 開発・実証フィールドの募集
  • 試用貸出リスト
  • 開発・導入の助成
  • メーカー連絡会議
  • アドバイス・モニター調査
  • 地域フォーラム
  • 活用ミーティング
  • 全国フォーラム
福祉用具・介護ロボット実用化支援等一式の概要・背景ページの先頭へ
福祉用具・介護ロボット実用化支援事業
福祉用具・介護ロボット実用化支援事業の背景
ロボット介護機器の開発重点分野
少子高齢化の進展に伴い、労働力の不足が深刻な社会問題となっている。また、超高齢化社会の到来により、要介護高齢者におけるニーズは多様化・複雑化しており、介護職員の腰痛予防も喫緊の課題とされている。このような情勢で厚生労働省では平成23年度より、「福祉用具・実用化支援事業」を実施した。過去の経過については下記を参照のこと。
年 度 内 容
令和2年度 参考:介護ロボット導入活用事例集2020(PDF:4.94MBNEW!!
   福祉用具・介護ロボットの開発と普及2020(PDF:6.29MBNEW!!
   福祉用具・介護ロボット実用化支援等一式 報告書 (PDF:8.25MB
令和元年度 参考:介護ロボット導入活用事例集2019(PDF:16.40MB
   福祉用具・介護ロボットの開発と普及2019(PDF:23.40MB
   福祉用具・介護ロボット実用化支援等一式 報告書 (PDF:14.90MB
平成30年度 参考:福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2018(PDF:17.30MB
   介護ロボット事例集2018(PDF:5.36MB
   福祉用具・介護ロボット実用化支援等一式 報告書 (PDF:6.50MB
平成29年度 参考:福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2017(PDF:9.29MB
   介護ロボット事例集2017(PDF:4.23MB
   福祉用具・介護ロボット実用化支援事業報告書(PDF:4.47MB
   介護ロボット導入活用のポイント(PDF:7.19MB
平成28年度 参考:福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2016(PDF:4.48MB
   介護ロボット事例集 2016(PDF:3.96MB
   福祉用具・介護ロボット実用化支援事業報告書(PDF:5.67MB
   介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業(平成27年補正予算分)(PDF:3.20MB
   介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業(平成28年度分)(PDF:3.20MB
   介護ロボット導入好事例表彰 受賞案件紹介ガイドブック(PDF:9.41MB
   介護ロボットを活用した介護技術開発モデル事業 成果概要 (H27補正・H28)
平成25年−平成27年度 経済産業省のロボット介護機器開発・導入促進事業と連携して、機器開発機関と介護現場のマッチング支援を図るための取組み等を実施した。※詳細は下記の図を参照
参考:25年度報告書(PDF:8.67MB) 開発の手引き(PDF:5.04MB) /
   26年度報告書 福祉用具・介護ロボット実用化支援事業報告書(PDF:3.61MB) /
          実用化支援リーフレット(PDF:14.4MB) 支援技術テキスト /
   27年度報告書 重点分野別講師養成テキスト(PDF:5.37MB
           福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2015(PDF:8.34MB
平成26年度 経済産業省の補助を受け、ロボット介護機器導入実証事業の一環として、テクノエイド協会が「ロボット介護推進プロジェクト」を実施
参考:http://www.techno-aids.or.jp/robocare/index.shtml
平成25年度〜 経済産業省にて重点分野のロボット介護機器を対象とするロボット介護機器導入・促進事業を開始
平成25年度〜 参考:http://robotcare.jp/
平成25年6月 政府が掲げる「日本再興戦略」に介護ロボット開発が、ロボット介護機器開発5カ年計画として位置付けられた。
平成24年11月 厚生労働省と経済産業省の両省共同でロボット技術の介護利用における重点分野を公表
参考:http://robotcare.jp/
平成23−平成24年度 高齢者介護の現場におけるニーズを、しっかりと組み取った介護ロボット等の開発が必ずしも十分に行われているとは言えない現状も基に、2年間良質な介護ロボット等を実用化する上での有効となるスキームについての研究が行われた。
参考:23年度報告書(PDF:3.44MB) / 24年度報告書(PDF:3.16MB
   介護機器等モニター事例集(PDF:8.69MB
相談窓口の設置ページの先頭へ
○電話による相談
03−3266−6883 または 03−3260−5121
○メールによる相談
robocare@techno-aids.or.jp
○受付時間
月曜日〜金曜日 9:00〜17:00(土・日・祝日は休み)
※新型コロナウィルス感染症防止のため、当面8:00〜16:00の対応となります。
お問い合せフォームによる相談/お問い合せ
介護ロボットの試用貸出リストの作成 募集終了ページの先頭へ

 介護ロボット開発企業等に対して試用貸出への参加を募り、同意を得ることができた企業・製品名等を掲載した「介護ロボットの試用貸出リスト」を作成します。リストへの掲載は、重点分野に該当する介護ロボットを基本とし、試用貸出を行うことに同意した企業の機器情報及び詳細情報を掲載します。
 取り纏めたリストは、厚生労働省が実施する介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業の相談窓口において、開発企業と試用貸出を希望する介護施設等間の取次等で活用されます。

  • 1.募集依頼
     「介護ロボットの試用貸出リスト」作成に伴う掲載希望の募集について(PDF:183KB
  • 2.別添資料
     介護ロボットの試用貸出リストの作成について(PDF:329KB
  • 3.提出資料
     ①製品概要:介護ロボット試用貸出リスト 掲載希望書
     ②詳細情報:当該機器の詳細情報
  • 4.提出方法
     上記の様式を電子ファイルにて下記のアドレスまでご提出ください。
      電子メールアドレス:monitor@techno-aids.o.jp
  • 5.提出期限
     募集は終了しました
  • 6.留意事項
    ●この試用貸出リストは、当協会のホームページから情報発信している介護ロボット試用貸出事業のリストとは異なり、介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォームの相談窓口において、開発企業と試用貸出を希望する介護施設等間の取次等で活用されるものとなります。
    完成後は、当協会のホームページにも掲載しますが、相談窓口の機関にも情報提供させていただきます。
    ●掲載する機器は、重点分野に該当する介護ロボットを基本とし、一部の地域に限定することなく、全国からの貸出要望に対応できる機器とします。
    ●掲載を希望する介護ロボット開発企業の方は、「別添資料」の内容を厳守いただき、3.提出資料の@及びAを、事務局あてご提出いただきますよう、よろしくお願いいたします。
    ●本試用貸出リストは、本年度に新たに作成するものです。令和2年度(令和2年7月版)に掲載した企業・商品を更新するものではありません。つきましては、本年度も記載を希望する企業におかれましては、期日までに必ずご提出ください。

(参考)昨年度の試用貸出リスト
 介護ロボットの試用貸出リスト(令和2年7月)(PDF:4.66MB
試用貸出リスト

 公益財団法人テクノエイド協会(以下「当協会」)では、厚生労働省の委託を受け「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」を実施しているところですが、昨年度に続き、本事業の一環として、「福祉用具・介護ロボット(以下「介護ロボット等」)の開発および導入に係る助成制度に関する調査」を実施することといたしました。
 介護ロボット等の開発・導入にあたり、各都道府県等において実施している助成制度を調査し、その結果を一覧に取り纏め、介護ロボット等の開発メーカー等へ提供するとともに、厚生労働省が行う「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム」の相談窓口やリビングラボネットワーク、研究機関等へ情報提供させていただきます。
 また、結果の一覧につきましては、当協会のホームページにも掲載する予定です。

介護機器の開発に係る助成制度の調査についてページの先頭へ
  • 1.調査依頼
     「介護機器の開発に係る助成制度の調査」ご協力のお願い(PDF:248KB
  • 2.調査票
     調査票のダウンロードはこちら⇒(EXCEL:18KB
     ※該当事業がない場合についても、メールまたはFAXでご回答ください。
  • 3.提出方法
     上記の調査票を電子ファイルにて下記のアドレスまでご提出ください。
      TO:hukushi_irric@ms-ad-hd.com
      CC:monitor@techno-aids.or.jp
  • 4.提出期限
      令和3年6月25日(金)17時まで
  • 5.問い合わせ先
     このアンケートの趣旨等については下記にお問合せください。
      公益財団法人テクノエイド協会 企画部担当:谷田・松本 e-mail:monitor@techno-aids.or.jp
     このアンケートの設問については下記にお問合せください。
      MS&ADインターリスク総研株式会社 医療福祉マーケットグループ(岡田、志賀)
         FAX: 03-5296-8941 /e-mail:hukushi_irric@ms-ad-hd.com
  • (参考)
     介護機器の開発に係る助成制度の調査結果(PDF:900KB
介護機器の導入に係る助成制度の調査についてページの先頭へ
  • 1.調査依頼
     「介護ロボット等の導入に係る助成制度の調査」ご協力のお願い(PDF:250KB
  • 2.調査票
     調査票のダウンロードはこちら⇒(EXCEL:18KB
     ※該当事業がない場合についても、メールまたはFAXでご回答ください。
  • 3.提出方法
     上記の調査票を電子ファイルにて下記のアドレスまでご提出ください。
      TO:hukushi_irric@ms-ad-hd.com
      CC:monitor@techno-aids.or.jp
  • 4.提出期限
      令和3年6月25日(金)17時まで
  • 5.問い合わせ先
     このアンケートの趣旨等については下記にお問合せください。
      公益財団法人テクノエイド協会 企画部担当:谷田・松本 e-mail:monitor@techno-aids.or.jp
     このアンケートの設問については下記にお問合せください。
      MS&ADインターリスク総研株式会社 医療福祉マーケットグループ(岡田、志賀)
         FAX: 03-5296-8941 /e-mail:hukushi_irric@ms-ad-hd.com
  • (参考)
     介護機器の導入に係る助成制度の調査結果(PDF:820KB
介護ロボットメーカー連絡会議ページの先頭へ

介護ロボットメーカー連絡会議の開催について
 日本の高齢化は世界に例を見ない速度で進行しており、生産年齢人口が減少し、介護ニーズが増大していく中、介護人材の確保は喫緊の課題であり、介護職員の負担軽減や介護現場の生産性向上を図り、さらには質の高いサービスを効率的に提供するため、介護現場へのテクノロジーの導入は不可欠となっています。
 現在、福祉用具・介護ロボット(以下、「介護機器」。)の介護現場における利用は、様々な分野で、様々な主体により取り組まれており、今後さらに活用を推進するためには、介護現場のニーズを踏まえた開発、介護現場への周知・体験機会の創出、機器を活用した介護技術・業務改善方法の構築等、開発・導入・普及・活用それぞれのフェーズで時宜を得た取組を実施する必要があります。
 厚生労働省では、昨年「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業」(以下、「介護ロボットのプラットフォーム事業」。)を創設し、介護ロボットの開発から普及までの一連の流れを加速化するため、地域における開発から活用までの相談窓口(地域拠点)を設置するとともに、介護ロボットの製品化にあたっての評価・効果検証を実施するリビングラボのネットワークを形成し、さらに実証フィールドを整備し、介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォームを推進しております。
 こうした背景のもと、関係企業に対して行政の動向及び介護ロボットに関する最新の取り組み状況等について周知するとともに、企業間等の情報共有や技術連携を通じて、介護ロボット開発のための新たなイノベーションの創出につなげることを目的とした「介護ロボットメーカー連絡会議(以下「本会議」)」を開催することに致します。

事務局
 公益財団法人テクノエイド協会 担当:谷田、松本、根石、五島
  〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
  TEL:03-3266-6883 FAX:03-3266-6885
  E-mail:robocare@techno-aids.or.jp

1.令和3年度 介護ロボットメーカー連絡会議の実施について (PDF:255KB
・日時 令和3年6月21日(月)13時00分〜16時40分
 ※本会議は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、WEB(Zoom)会議で実施します。

2.参加申込方法

ウェビナー登録 QRコード
・下記URL又はQRコードよりお申込み下さい。
  https://zoom.us/webinar/register/WN_jT8AhDrPSv2E_vlSjya4lA
  ※視聴(web参加)を希望される方は、必ず事前にご登録ください。
  ※登録完了次第、会議への招待アドレスを送信いたします。

・インターネットを通じて配信いたします。配信の定員は500名となります。
 入退室は自由ですが、定員オーバーとなり次第、入室できませんのでご了承ください。
・参加費は無料です。
・参加者は同一企業(部署)であっても1名ごとにお申込みください。
・事務局から申込受理についての返信は致しません。
・参加申込期限 令和3年6月20日(日)

3.Zoom会議への参加方法
・こちらをご参照のうえ、ご参加下さい。
 ① パソコンでご利用の方(PDF:745KB
 ② スマートフォンでご利用の方(PDF:895KB
 ③ Zoomの基本的な操作方法等については以下の動画をご参考下さい。
   https://zoom.onemob.com/p/K5VK1pGvdJQ2N1c1wkX_OQ

4.配布資料
・資料全体(一括ダウンロード) (PDF:42.8MB

【第1部】
①行政報告 13:10〜13:50
ロボットに係る施策の動向
  厚生労働省老健局 高齢者支援課 介護ロボット開発・普及推進室 室長補佐 山田 士朗 氏
PDF
ロボットに係る施策の動向
  経済産業省商務情報政策局 ヘルスケア産業課 医療・福祉機器産業室 室長補佐 村川 拓也 氏
PDF
②情報提供 13:50〜14:45
福祉用具・介護ロボット実用化支援事業について
  公益財団法人テクノエイド協会 五島 清国
  ・介護現場のニーズをふまえた介護機器の開発に係る取組みについて
   アドバイス支援及びモニター調査事業等の実施
  ・介護ロボット地域フォーラムの開催について
  ・都道府県における介護ロボットの開発・導入に係る助成事業について
  ・介護ロボットの試用貸出リスト等について
  ・その他令和3年度の主な事業の予定について
PDF
介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業について
  株式会社NTTデータ経営研究所 足立 圭司 氏
PDF
【第2部】
③取組報告 14:55〜15:35
プラットフォーム事業におけるリビングラボの役割
  産業技術総合研究所 柏リビングラボ 松本 吉央 氏
PDF
プラットフォーム事業における相談窓口の役割
  福祉カレッジ 富山県介護実習・普及センター 宮原 百合子 氏
PDF
④基調報告 15:35〜16:35
介護ロボットの開発・普及の最前線
 ロボット介護機器の導入・利用マニュアルの作成について(仮称)
  大内病院認知症疾患医療センター 松井 敏史 氏
  (参考)
   ・移動支援機器マニュアル PDF
   ・排泄支援機器マニュアル PDF
   ・入浴支援機器マニュアル PDF
PDF
介護ロボットの開発・普及の最前線
 介護現場改革促進等事業の実施について(仮称)
  東京都福祉保健財団 原田 翔 氏
PDF
介護ロボットの開発・普及の最前線
 自治体と連携しICTを活用した高齢者の孤立解消(デジタルデバイドの解消)(仮称)
  株式会社チカク 石井 唯宏 氏
PDF

意見交換・専門職によるアドバイス・モニター調査事業ページの先頭へ
・・・準備中・・・
介護ロボット地域フォーラムの開催ページの先頭へ

介護ロボット地域フォーラムの協力機関を募集します

 厚生労働省が実施する「介護ロボットのプラットフォーム事業」の相談窓口(地域拠点)が無い都道府県において、介護ロボット地域フォーラムを開催し、介護ロボットの体験展示や試用貸出の受付等を行う機関を募集します。
 本事業は、当協会が厚生労働省から受託した「福祉用具・介護ロボット実用化支援等一式」の一環として行うものであり、予定の件数や予算に到達した時点で募集を終了しますので、予めご了承ください。
 なお、募集期間中に予定の件数に達しない場合は、継続して募集します。詳しくは、当協会までお尋ねください。

  • 介護ロボット地域フォーラムの募集要項(PDF:783KB)(WORD:843KB
    募集期限:令和3年5月24日(月)〜6月25日(金)
  • 1.目的
     日本の高齢化は世界に例を見ない速度で進行しており、介護ニーズが多様化する中、介護人材の確保は喫緊の課題であり、介護職員の負担軽減や介護現場の生産性向上、さらには質の高いサービスを効率的に提供するため、介護現場へのテクノロジーの導入が進められています。
     こうした中、厚生労働省では「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業」を実施しているところですが、本事業では、介護ロボットのプラットフォーム事業の相談窓口(地域拠点)が無い都府県において、介護ロボット地域フォーラムを開催し、介護ロボットの体験展示や試用貸出の受付等を行う機関(以下「協力機関」)を募集します。
     地域において、介護ロボットの普及啓発を行い、もって介護ロボットの適切かつ効果的な導入・利活用に資することを目的とします。
     (参考)
      介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業の開始(令和2年8月)
      https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000652897.pdf
  • 2.対象となる機関
    (1)都府県又は市町村(特別区、一部事務組合及び広域連合を含む。)
    (2)福祉用具・介護ロボットの普及啓発を行っている機関
    (3)その他、本事業の実施が可能であると認められた法人

    上記(1)〜(3)のいずれかに該当し、かつ以下のいずれかの都府県に所在する機関とします。(1)の市町村が行う場合、当該市だけではなく所在県の全域をカバーすることとします。

    介護ロボットのプラットフォーム事業の相談窓口(地域拠点)が無い都府県
    ・宮城県 ・秋田県  ・山形県 ・福島県 ・茨城県 ・栃木県 ・群馬県 ・千葉県 ・東京都
    ・石川県 ・福井県  ・山梨県 ・長野県 ・岐阜県 ・静岡県 ・三重県 ・滋賀県 ・京都府
    ・奈良県 ・和歌山県 ・鳥取県 ・島根県 ・岡山県 ・山口県 ・香川県 ・愛媛県 ・高知県
    ・佐賀県 ・長崎県  ・熊本県 ・大分県 ・宮崎県 ・沖縄県
  • 3.対象とする介護ロボットの範囲
    「ロボット技術の介護利用における重点分野」(平成29年10月改訂)における6分野13項目に概要する機器及び、介護施設・事業所のサービスの質の向上・効率的なサービス提供に資する機器・システムを対象範囲とします。
    ロボット介護機器の開発重点分野(平成29年10月)
  • 4.実施内容
    以下のとおりとします。地域の実情やニーズに応じて計画してください。

    (1)必須項目

     介護ロボット地域フォーラムの開催
      @介護ロボットの展示
        最低でも10機種以上の展示を行うこと。
      A介護ロボットの試用貸出の受付
        当該地域の要望を受付て全国14か所(予定)の相談窓口に連絡すること。
      B介護ロボットに関するシンポジウムの開催
        介護ロボットの普及に係るシンポジウムを開催すること。
     シンポジウムでは、厚生労働省が行う介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業の紹介や開催地の自治体が実施する介護ロボットの導入支援に関する紹介を行うとともに、介護ロボットに係る最新動向等について情報提供を行うこととする。

    (2)任意項目

     地域フォーラム開催時のイベントとして、福祉用具・介護ロボットの導入、利活用に関する地域の実情やニーズに応じた企画を立案していただいて差し支えありません。
     例えば、
     ・介護ロボット導入支援事業による好事例の紹介
     ・上手に導入・利活用するためのノウハウ、ワークショップの開催
     ・安全体制を確保するための取り組み紹介
     ・ICTやロボット技術を活用した生産性向上に関する取り組み紹介
     ・ロボット技術等を活用した新型コロナ対策や新しい面会システムの取り組み紹介
    地域フォーラムの参加者に対して、アンケート調査を行い取り纏めをお願いします。
    (新型コロナウイルス感染症の対応)
     地域フォーラムの開催は、原則、会場開催を予定することとし、感染症予防等の徹底をお願いいたします。
     但し、政府により「まん延防止等重点措置」や「緊急事態宣言」が発出された場合、あるいは開催地の自治体の要請により会場での開催が困難な場合は、オンライン開催への変更も認めることといたします。こうした場合は、事前に当協会までご相談ください。
  • 5.交付額及び件数
    1か所あたり、120万円程度(税込み)
     ※補助対象となる費目については、別表の対象経費を参照してください。
     ※謝金及び旅費、会場借料は別途精算払いとなります。
    8か所
  • 6.実施機関の選定等について
     本事業を希望される機関は、「実施要望書(様式1)」及び「経費明細書(様式2)」令和3年5月24日(月)〜令和3年6月25日(金)の間に、電子メールにて当協会あてに(monitor@techno-aids.or.jp)提出してください。
     応募されたものから、順次、当協会から厚生労働省に再委託の協議を行い、協力機関を決定して参ります。
     なお、協力機関の選定にあたっては、全国的な地域のバランスを踏まえるとともに、要望書の内容を加味して決定いたします。
     募集期間中に予定の件数に達しない場合は、継続して募集します。選定状況は、当協会までお尋ねください。
  • 7.実施期間
    内定後〜令和4年2月末
  • 8.実施結果報告の提出
    本事業を実施した機関は、事業終了後速やかに「実施結果報告書(様式4)」及び「支出経費明細書(様式5)」を電子メールにて、当協会あてに(monitor@techno-aids.or.jp)提出してください。
  • 9.関係書類
    • 介護ロボット地域フォーラムの協力機関の募集について(PDF:209KB
    • 介護ロボット地域フォーラムの募集要項(PDF:783KB)(WORD:843KB
    •   様式1「介護ロボット地域フォーラム 実施要望書」
    •   様式2「介護ロボット地域フォーラム 経費明細書」
    • 注)様式1及び2をご提出いただく際には、以下の資料書類の提供もお願いします。
       ・団体の概要
       ・高齢者介護や福祉用具・介護ロボットに係る業務の実績がわかる資料
    •   様式3「介護ロボット地域フォーラム 請求書」
    •   様式4「介護ロボット地域フォーラム 実施結果報告書」
    •   様式5「介護ロボット地域フォーラム 支出経費明細書」
  • 10.本件に関するお問い合わせ及び実施要望書の提出先
    公益財団法人テクノエイド協会 企画部(谷田・松本・根石(ねいし))
    〒162−0823
    東京都新宿区神楽河岸1−1 セントラルプラザ4階
    TEL 03(3266)6883
    電子メール monitor@techno-aids.or.jp
介護ロボット活用ミーティングの開催ページの先頭へ
・・・準備中・・・
介護ロボット全国フォーラムの開催ページの先頭へ
・・・準備中・・・