福祉用具・介護ロボット実用化支援事業(令和2年度)

お知らせトピックスページの先頭へ
  • 事業の概要・背景
  • 相談窓口/お問い合せ
  • 実証施設等の募集
  • 試用貸出
  • メーカー連絡会議
  • アドバイス・モニター調査事業
  • 開発・導入の助成
  • 事例集の作成
  • 活用ミーティング
  • 全国フォーラム
都道府県等における介護ロボットの開発・導入に係る助成事業ページの先頭へ

当協会では、介護ロボットに係る助成金について、開発企業が役立つ情報と(シーズ側)及び、介護施設が役立つ情報(ニーズ側)の双方の側面から全国調査を行い、その結果を都道府県ごとに取りまとめました。今後、利用を検討している方々の一助となることを期待しております。

(1)介護機器の開発に係る助成制度の調査結果PDF:956KB
掲載総件数88件
No.都道府県掲載件数
1北海道2件
2青森県5件
3岩手県0件
4宮城県3件
5秋田県1件
6山形県1件
7福島県7件
8茨城県1件
9栃木県1件
10群馬県2件
11埼玉県1件
12千葉県1件
13東京都0件
14神奈川県11件
15新潟県4件
16富山県5件
17石川県1件
18福井県0件
19山梨県3件
20長野県1件
21岐阜県1件
22静岡県3件
23愛知県1件
24三重県0件
25滋賀県1件
No.都道府県掲載件数
26京都府3件
27大阪府1件
28兵庫県3件
29奈良県1件
30和歌山県0件
31鳥取県3件
32島根県2件
33岡山県1件
34広島県3件
35山口県1件
36徳島県0件
37香川県1件
38愛媛県1件
39高知県1件
40福岡県4件
41佐賀県1件
42長崎県0件
43熊本県3件
44大分県2件
45宮崎県0件
46鹿児島県1件
47沖縄県0件
※令和2年8月7日時点
(2)介護機器の導入に係る助成制度の調査結果PDF:779KB
掲載総件数59件
No.都道府県掲載件数
1北海道1件
2青森県1件
3岩手県1件
4宮城県3件
5秋田県2件
6山形県1件
7福島県2件
8茨城県1件
9栃木県1件
10群馬県1件
11埼玉県1件
12千葉県1件
13東京都1件
14神奈川県4件
15新潟県1件
16富山県1件
17石川県1件
18福井県2件
19山梨県1件
20長野県1件
21岐阜県1件
22静岡県1件
23愛知県1件
24三重県1件
25滋賀県1件
No.都道府県掲載件数
26京都府2件
27大阪府1件
28兵庫県1件
29奈良県1件
30和歌山県2件
31鳥取県2件
32島根県1件
33岡山県1件
34広島県1件
35山口県1件
36徳島県1件
37香川県1件
38愛媛県1件
39高知県1件
40福岡県2件
41佐賀県1件
42長崎県1件
43熊本県1件
44大分県1件
45宮崎県1件
46鹿児島県1件
47沖縄県1件
※令和2年8月7日時点
今後も引き続き、助成制度の情報収集を行っておりますので、各調査の情報は以下のページより、調査票をダウンロードのうえ、事務局までご提出願います。
相談窓口・リビングラボページの先頭へ

介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム

介護ロボット導入活用事例集ページの先頭へ

「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」や「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」による開発補助等を経て実用化した介護ロボットの普及啓発を行うとともに、適切かつ効果的な利用の推進を図るため、「介護ロボット導入活用事例集」を作成し、全国に介護ロボットの活用事例を普及します。

  • 1.概要について
       「介護ロボット導入活用事例集2020の作成について」(PDF:178KB
        事例集の見本(PDF:646KB
  • 2.事例集作成にあたっての事務局
       株式会社サンワ 介護ロボット導入活用事例集編集部 深貝 順
        〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2−11−8
        TEL:070−1369−0705  電子メール:fukagai@sanwa-s.com
  • 3.提出期限
       令和2年9月4日(金)
  • 4.提出方法
       上記1.に記載されている内容をWordに記載のうえ、上記2.の事務局までメールで送付してください。
       電子メール:monitor@techno-aids.o.jp
  • 5.本件に関するお問合せ先
       公益財団法人テクノエイド協会 企画部 谷田・蒲生(がもう)・形山
        〒162-0823 東京都神楽河岸1−1 セントラルプラザ4階
        TEL:03−3266−6883  電子メール:monitor@techno-aids.or.jp
介護ロボット活用ミーティングの開催ページの先頭へ

1.介護ロボット活用ミーティングの開催について
 日本の高齢化は、世界に例を見ない速度で進行しており、介護人材の不足が大きな課題となっている。介護人材を確保する一方で、限られたマンパワーを有効に活用する解決策の一つとして、高齢者の自立支援を促進し、質の高い介護を実現するためのロボット・センサー等の活用が期待されている。
 高齢者介護のニーズが多様化・複雑化するなか、福祉用具・介護ロボット(以下、「介護機器」)の利用は、今後益々進むことと予測されるところであり、適切な導入と利用を推進するためには、導入前の十分な情報収集をはじめ<、導入による効果の確認についても介護施設にとって極めて重要といえる。
 一方、現行では介護機器導入前後の情報について、施設間で情報共有する仕組みが十分に整っているとはいえず、一部の先駆的な介護施設の事例を聞く機会はあっても、好事例や失敗例を率直に意見交換できる場がないという意見も寄せられている。
 こうした背景を踏まえ、当協会では、介護施設・事業所(介護事業所等)を対象にした「介護ロボット活用ミーティング」を開催することとし、介護職員の介護機器の効果的な活用を促し、楽しく・働きやすい職場環境の構築を推進することとする。
 ■本ミーティングのお申込みはこちら

介護ロボット活用ミーティング

2.日程表

  仙台会場 大阪会場 名古屋会場 千葉会場 福岡会場
1.日付 10月23日(金) 10月30日(金) 11月 6日(金) 11月13日(金) 11月20日(金)
2.時間 13:00 〜 16:00
3.場所 仙台国際センター エル・おおさか
(大阪府立労働センター)
ウインクあいち
(愛知県産業労働センター)
蘇我コミュニティーセンター 天神ビル
4.テーマ コミュニ
ケーション
入浴支援 移乗支援 排泄支援 見守り
5.内容 介護機器の導入・利活用に係る話題提供、フリートークによる情報の共有
6.募集人数 30名(原則、1施設1名とし、先着順)
7.参加対象者 介護施設・事業所の施設長又は所長、介護主任(リーダー)、介護機器の導入担当者、
介護現場で介護機器を取り扱う職員 等
  • ※各会場、定員30名・先着順とします。(定員となりしだい締切させていただはます。)
  • ※新型コロナを予防する観点から、セッション1のみ、Webでの参加(定員280名)を可能します。詳しくは協会のHPを参照してください。
仙台会場
セッション1
(13:00〜14:00)
Webで本セッションのみ
聴講することも可能
とします

1.介護ロボットの理解を深めよう

@介護ロボットの効果的な利用を考える

公益財団法人テクノエイド協会

A地域自治体の取組み

介護×IT機器の開発

仙台フィンランド健康福祉センター
 齋藤 賢吾 氏

B機器導入の好事例と失敗例

コミュ二ロボで何かできるの?

NECプラットフォームズ株式会社
 川島 理俊 氏

C機器活用の現状と課題

笑顔が増える介護の輪(仮称)

介護老人保健施設 ゆうゆうホーム
 田原 智美 氏

セッション2
(14:10〜15:10)

2.思いをぶつけよう

 介護ロボットの「適用」・「運用」・「機能」・「コスト」について考えてみよう
  (1グループ6名程度によるグループワーク)
セッション3
(15:10〜16:00)

3.みんなの考えを聞こう

 各グループの代表者から報告
  (他のグループの人たちとの意見交換、情報交換)

日程表へ

大阪会場
セッション1
(13:00〜14:00)
Webで本セッションのみ
聴講することも可能
とします

1.介護ロボットの理解を深めよう

@介護ロボットの効果的な利用を考える

公益財団法人テクノエイド協会

A地域自治体の取組み

大東元気でまっせ体操

大東市役所 保健医療部高齢介護室
 逢坂 伸子 氏

B機器導入の好事例と失敗例

ナノミストで温浴効果

株式会社EINS
 木島 信一 氏

C機器活用の現状と課題

安心・快適な入浴介助(仮称)

特別養護老人ホーム コティコート北大阪
 森 皇人 氏

セッション2
(14:10〜15:10)

2.思いをぶつけよう

 介護ロボットの「適用」・「運用」・「機能」・「コスト」について考えてみよう
  (1グループ6名程度によるグループワーク)
セッション3
(15:10〜16:00)

3.みんなの考えを聞こう

 各グループの代表者から報告
  (他のグループの人たちとの意見交換、情報交換)

日程表へ

名古屋会場
セッション1
(13:00〜14:00)
Webで本セッションのみ
聴講することも可能
とします

1.介護ロボットの理解を深めよう

@介護ロボットの効果的な利用を考える

公益財団法人テクノエイド協会

A地域自治体の取組み

高齢・障害現場におけるロボット技術の活用

なごや福祉用具プラザ
 冨板 充 氏

B機器導入の好事例と失敗例

移乗の先にあるもの

アイ・ソネックス株式会社
 西 貴央 氏

C機器活用の現状と課題

長寿の里・十四山の取り組み

介護老人福祉施設 長寿の里・十四山
 矢田 明 氏(他)

セッション2
(14:10〜15:10)

2.思いをぶつけよう

 介護ロボットの「適用」・「運用」・「機能」・「コスト」について考えてみよう
  (1グループ6名程度によるグループワーク)
セッション3
(15:10〜16:00)

3.みんなの考えを聞こう

 各グループの代表者から報告
  (他のグループの人たちとの意見交換、情報交換)

日程表へ

千葉会場
セッション1
(13:00〜14:00)
Webで本セッションのみ
聴講することも可能
とします

1.介護ロボットの理解を深めよう

@介護ロボットの効果的な利用を考える

公益財団法人テクノエイド協会

A地域自治体の取組み

介護ロボットの普及に向けた取り組み

千葉市介護保険管理課 企画班
 並木 貴司 氏

B機器導入の好事例と失敗例

革新的な排泄支援を提案

パラマウントベッド株式会社
 山口 悟史 氏

C機器活用の現状と課題

排泄ケアの現状と在り方

グッドタイムリビング千葉みなと/駅前通
 岡田 良祐 氏

セッション2
(14:10〜15:10)

2.思いをぶつけよう

 介護ロボットの「適用」・「運用」・「機能」・「コスト」について考えてみよう
  (1グループ6名程度によるグループワーク)
セッション3
(15:10〜16:00)

3.みんなの考えを聞こう

 各グループの代表者から報告
  (他のグループの人たちとの意見交換、情報交換)

日程表へ

福岡会場
セッション1
(13:00〜14:00)
Webで本セッションのみ
聴講することも可能
とします

1.介護ロボットの理解を深めよう

@介護ロボットの効果的な利用を考える

公益財団法人テクノエイド協会

A地域自治体の取組み

政令市初ロボットエキスパートの養成

福岡市高齢社会政策課
 倉員 知子 氏

B機器導入の好事例と失敗例

生活リズムを把握するクラウドシステム

株式会社リコー
 長谷川 敏 氏

C機器活用の現状と課題

見守り機器にインカムを併用して

特別養護老人ホーム聖ヨゼフの園
 木戸 邦夫 氏

セッション2
(14:10〜15:10)

2.思いをぶつけよう

 介護ロボットの「適用」・「運用」・「機能」・「コスト」について考えてみよう
  (1グループ6名程度によるグループワーク)
セッション3
(15:10〜16:00)

3.みんなの考えを聞こう

 各グループの代表者から報告
  (他のグループの人たちとの意見交換、情報交換)

日程表へ

3.参加申込方法

Webで参加を希望する方

※セッション1のみの参加となります

【定員 なし】

先着順

会場で参加を希望する方

 

【各会場 定員30名】

  • 以下の項目を必ずメール本文に記載のうえ、robocare@techno-aids.or.jpにご送付ください。
     ○氏名
     ○所属
     ○住所
     ○電話番号
     ○メールアドレス
     ○参加を希望する会場
  • 原則として、1施設1名までの参加とします。
  • メールによる申込がどうしても困難な場合には、以下の参加申込書をFAXにてお申込みください。
      参加申込書 (WORD:56KB
  • 先着順のため、応募者多数の場合は参加できないことがございます。
  • 定員に達し次第、参加を締め切ります。

4.お問合せ先
 公益財団法人テクノエイド協会 担当:谷田、蒲生(がもう)、形山、五島
  〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
  TEL:03−3266−6883  FAX:03−3266−6885
  E-mail:robocare@techno-aids.or.jp

介護ロボット全国フォーラムの開催ページの先頭へ
準備中
介護機器の導入に係る助成制度の調査について NEW!!ページの先頭へ

 当協会では、厚生労働省の委託を受け福祉用具・介護ロボット実用化支援事業を実施しております。事業の一環として、介護機器の導入に係る助成制度に関する調査を実施いたします。
 福祉用具・介護ロボット(以下「介護機器」。)の導入にあたり、各都道府県等において実施している介護福祉施設等が活用できる助成制度を調査し、その結果をとりまとめ、介護ロボット等の開発メーカー等へ提供するとともに、介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォームにあたる地域の相談窓口やリビングラボネットワーク、研究機関等にも情報提供することを本調査の目的としています。これにより地域の資源を活用する介護機器開発の活性化を図るとともに、本年度より厚生労働省が行う、介護ロボットの開発・実証等のプラットフォームとの連携の推進につなげたいと考えております。
 取りまとめた調査結果(助成制度の一覧等)については、厚生労働省のホームページ、介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業を委託するNTTデータ経営研究所が開設する専用ホームページ、相談窓口のホームページ及び当協会のホームページにおいて7月下旬を目処に公表する予定です。

  • 1.調査依頼
     「介護ロボット等の導入に係る助成制度の調査」ご協力のお願い(PDF:136KB
  • 2.調査票
     調査票のダウンロードはこちら⇒(EXCEL:18KB
  • 3.提出方法
     上記の調査票を電子ファイルにて下記のアドレスまでご提出ください。
      TO:robocare@techno-aids.or.jp
  • 4.提出期限
      令和2年7月17日(金)12:00 に延長されました
  • 5.問い合わせ先
     このアンケートの趣旨等については下記にお問合せください。
      公益財団法人テクノエイド協会 企画部担当:蒲生・谷田 e-mail:robocare@techno-aids.or.jp

6月2日〜6月19日まで実施していた「介護機器の開発に係る助成制度の調査」はこちら

介護ロボットの試用貸出リストページの先頭へ

介護ロボットの試用貸出リスト(令和2年7月)(PDF:4.66MB

試用貸出リスト  本リストは介護ロボットの開発企業等に貸出への参加を募り、同意を得ることができた企業の機器について情報を取りまとめたものです。
 また、リストへの掲載は、重点分野に該当する介護ロボットであること、無償貸出を行うことに同意が得られたものについて掲載しております。

介護ロボットの試用貸出リストの作成 募集終了ページの先頭へ

 介護ロボット開発企業等の貸出への参加を募り、同意を得ることができた企業・製品名等を掲載した試用貸出リストを作成します。リストへの掲載は、重点分野に該当する介護ロボットを基本として、無償貸出を行うことに同意した企業の機器情報(製品名、製品概要、貸出に必要な環境等)を掲載いたします。
 取りまとめたリストは、全国の介護事業所等へ周知するとともに、介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォームにあたる地域の相談窓口やリビングラボネットワーク、行政等にも情報提供を行います。

  • 1.募集依頼
     「介護ロボットの試用貸出リスト」作成に伴う掲載希望の募集について(PDF:203KB
  • 2.別添資料
     介護ロボットの試用貸出リストの作成について(PDF:378KB
     介護ロボットの試用貸出リストのイメージ(PDF:2.03MB
  • 3.提出資料
     ①製品概要:介護ロボット試用貸出リスト 掲載希望書
     ②詳細情報:当該機器の詳細情報(任意、記載可能な範囲)
      様式のダウンロードはこちら⇒(EXCEL:41KB
      「詳細情報」記載の手引きはこちら⇒(PDF:393KB
  • 4.提出方法
     上記の様式を電子ファイルにて下記のアドレスまでご提出ください。
      電子メールアドレス:monitor@techno-aids.o.jp
  • 5.提出期限
     募集は終了しました。
  • 6.留意事項
    ●昨年度まで、当協会のホームページから情報発信していた介護ロボット試用貸出事業のリストとは異なり、新たに情報収集するものです。
    ●掲載する機器は、重点分野に該当する介護ロボットを基本とし、一部の地域に限定することなく、全国各地からの無償貸出要望に対応できる機器とします。
    ●記載内容に不備や不明確な事項がある場合、明らかに重点分野の定義等から外れる機器については、事務局の判断により掲載を見合わせることがあります。
相談窓口・リビングラボページの先頭へ

介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム

介護ロボット等の試用貸出事業(更新中)ページの先頭へ
本事業では商品化された介護ロボット等の導入を前提として、より多くの介護施設等において介護ロボット等を実際に試用し利活用の可能性を検討し、適宜・適切な介護ロボット等の利用の推進を図ることを目的とした試用貸出事業を行っています。
詳細は、【商品化した介護ロボット等「試用貸出事業」の実施について】を参照してください。
  • ※下記一覧の貸出欄に”○”が付いているものが貸出可能な機器となります。
  • ※機器の貸出を希望される場合は、詳細情報PDFに記載の「メーカー問合せ先」へ直接お申し込みください。
  • ※貸出の条件(期間、料金など)はメーカーや機器ごとに異なります。詳細は直接メーカーへお問い合わせください。

【一時貸出】・・・イベントや研修会等での数日間の貸出   【試用貸出】・・・機器の導入を前提とした長期間の貸出
登録用紙はこちら
  • 試用貸出事業の詳細について (PDF:167KB
  • 令和2年度試用貸出事業の情報登録・更新の〆切日
     令和2年9月25日(金)

○試用貸出機器情報一覧

カテゴリ 登録No. 製品画像 機器名称/メーカー名 主な特長 詳細情報
/動画
一時
貸出
試用
貸出
1.移乗支援
1-1901 01-1901 レイボエクソスケルトン
(株)加地
レイボエクソスケルトンは、前屈み姿勢時の身体にかかる疲労と負担を軽減するアシストスーツです。
前屈み姿勢を取ると、上半身の体重の一部は胸パッドと太ももに分散され、腰への負担を軽減します。
PDF
Movie
(非装着型) 1-1902 01-1902 ロボヘルパーSASUKE
マッスル(株)
「介護される人もする人もやさしさと安心を」
ロボヘルパーSASUKEは、ベッド⇔車いす間の移乗をアシストします。
PDF
Movie
(非装着型) 1-1904 01-1904 離床アシストロボット リショーネPlus
パナソニック エイジフリー(株)
離床アシストロボット「リショーネPlus」は、電動ケアベッドと電動フルリクライニング車いすを融合した介護ロボットで、介護者一人で、簡単・安全・スムーズな移乗介助を実現できることが大きな特徴です。 PDF
Movie
2.移動支援
(屋内型) 2-1901 02-1901 免荷式リフト POPO(ポポ)
(株)モリトー
病院施設において、自発的に移動しようとすると、杖歩行及び車椅子歩行が選択される。また、転倒リスクの軽減を目的として、車椅子での移動になる。 PDF
3.排泄支援
3-1901 03-1901 排便姿勢保持機器『トイレでふんばる君』
(株)ピラニア・ツール
当機器は便座に座って、排泄を行うことに取り組んでいる方々に向けて開発されました。機器利用者は自然な排泄姿勢(前傾姿勢)を安全に維持できると共に、下腹部に当てたクッションによる腹圧補助を同時に実現します。 PDF
Movie
4.見守り支援
4-1901 04-1901 高齢者向け見守りシステム「見守りライフ」
トーテックアメニティ(株)
ベッド脚にセンサを敷き、センサから得られる荷重情報により、ベッド上の動きを検知し、PC・スマートフォンで表示・通知する見守りシステムです。 PDF
4-1902 04-1902 体動検知マットセンサ
(株)アートデータ
体動検知マットセンサは、マット部と変換ユニットで構成されます。
マットセンサをベッドや布団の下に敷いて、その上に寝ると、無接触でも周期的な体の振動を検知して就寝中の高齢者を見守ります。
PDF
4-1903 04-1903 介護スタッフサポートサービス「エルミーゴ®」
(株)NTTデータ
利用者様がベッドから離床等をした際に管理PCやスマートフォンに通知することで、遠隔からでも利用者様の状態の確認ができ、駆け付けが必要かどうかの判断ができます。(眠りSCANとシルエットセンサーの検知結果を総合的に判定し通知します。) PDF
Movie
4-1904 04-1904 smart Robo
(株)アラソフトウェア
個人情報保護法の観点から本製品は撮影される映像を画像解析でシルエットで表示する。これにより人物が特定されないため被介護者の監視されているという心理を和らげることが出来る。この映像解析は、人物の行動を随時把握することが出来る。 PDF
4-1905 04-1905 見守りケアシステムM2
フランスベッド(株)
ベッドに内蔵された4つのセンサーが、ベッド上の利用者様の状態を自動認識、見守りが出来るベッドとなります。特に「誰もが簡単に操作、運用出来る事」に配慮しておりますので、複雑な設定等を行う事なくどなたでも簡単に操作出来る機器となっております。 PDF
4-1906 04-1906 見守りシステムSANフラワー×ヘルシーライフ (徘徊老人監視システム)
加藤電機(株)
・事業所から発信機を携帯したご利用者様が離設・帰設された際、介護スタッフなどへメールにて通知します。
・発信機は長期間連続稼働(約1.5ヶ月)するため、充電の手間や充電切れが少なく安心です。
PDF
4-1907 04-1907 見守り介護ロボット「ケアロボ」
(株)テクノスジャパン
見守り介護ロボット「ケアロボ」は、各種徘徊・離床センサー、呼出スイッチ、軽度認知症ケア製品、見守センサーなど、高齢者の見守りに必要な機器の作動信号を受信すると、携帯電話通信で介護者(スタッフや家族等)へ報知します。 PDF
4-1908 04-1908 『シルエット見守りセンサ』
キング通信工業(株)
起き上がり/はみ出し/離床を区別して検知し、Wi-Fi環境を用いてタブレット端末やPC等にお知らせします。 PDF
Movie
4-1909 04-1909 予測型見守りシステム「Neos+Care(ネオスケア)」
ノーリツプレシジョン(株)
先進の検知システムにて、非接触方式のため、対象者に負担をかけず要介護者のベッド周辺での転倒・転落を防止し、介護の負担を軽減できるだけでなく、履歴画像の記録でADLの管理・改善にもつながるシステムです。 PDF
Movie
4-1910 04-1910 【ナースコール連携】 離床・バイタル感知 見守りセンサー
(株)ミオ・コーポレーション
対象者の早期異常検知&職員皆様の負担低減に成功。 PDF
4-1911 04-1911 非接触型 見守りセンサー "e伝之介くん"
コアフューテック(株)
赤外線LED照射により、赤外線カメラを通して取り込んだ画像を、高度な画像処理技術で解析する事で、利用者の起床・離床を安定的に検知・通知(独自無線又はナースコール経由)する。 PDF
4-1912 04-1912 SensingWave 介護・睡眠見守りシステム
凸版印刷(株)
ベッドのマットレスの下に敷いて使用する非接触の見守りセンサーとなります。 PDF
5.入浴支援
5-1901 05-1901 ピュアット
(株)金星
ウルトラファインバブルという目に見えないサイズのバブルを作り出し、この小さな泡が体をキレイにしてくれます。 PDF
6.機能訓練支援
6-1901 06-1901 歩行リハビリ支援ツールTree
リーフ(株)
Treeは早い時期からの歩行練習を楽しく行うために、映像と音声でわかりやすく案内し、一緒に歩いてサポートしてくれるロボットです。 PDF
6-1902 06-1902 歩行評価インソール PiT Care (ピットケア)
リーフ(株)
高齢者の機能訓練テストを簡単に自動測定する機器です。 PDF
6-1903 06-1903 機能訓練・自動記録・自動レポート作成アプリ『モフトレ』
(株)Moff
デイサービス、老健を中心とした介護施設様向けの製品です。手首や足首などに取り付けるセンサー付きバンドとiPadを利用し、高価な器具やスペース、人手をかけずに、簡単・数分の手順で個別機能訓練を開始・実施できるプログラムです。 PDF
7.服薬支援
7-1901 07-1901 服薬ロボくん
(株)アートデータ
「服薬ロボくん」は、毎日服薬が必要な高齢者の飲み忘れを支援します。もし飲み忘れていると家族や支援者にメールが届き、折り返し服薬するように声掛けができます。 PDF
8.認知症セラピー支援
8-1901 08-1901 メンタルコミットロボット パロ
(株)知能システム
アザラシ型ロボット・パロは、内部に触覚、聴覚、視覚、温覚、姿勢等のセンサと、静音型モータを有し、人工知能により、生き物らしく動作する。 PDF
9.食事支援
該当情報なし
10.口腔ケア支援
10-1901 10-1901 楽のみ進化形sakura
一般社団法人TME
電力使わず調節しながら水分補給できる。 PDF
11.介護業務支援(掃除、洗濯、調理、記録等)
該当情報なし
12.その他
コミュニケーションロボット 12-1901 12-1901 なでなでねこちゃん DX3 (シャムちゃん・アメショーちゃん・ロシアンブルーちゃん)
トレンドマスター(株)
猫が好きだが猫と一緒に住めない方に「猫と一緒に暮らす幸せ」を提供する事をコンセプトに、企画製造した、猫型コミュニケーションロボットです。 PDF
コミュニケーションロボット 12-1902 12-1902 なでなでワンちゃん 秋田犬 (HACHI)
トレンドマスター(株)
犬が好きだが犬と一緒に住めない方に「犬と一緒に暮らす幸せ」を提供する事をコンセプトに企画製造した、犬型コミュニケーションロボットです。 PDF
コミュニケーション促進 12-1903 12-1903 こんにちは赤ちゃん 男の子・女の子
トレンドマスター(株)
「赤ちゃんと一緒に暮らす幸せ」をコンセプトに企画製造されたコミュニケーションロボットです。 PDF
Movie
コミュニケーション 12-1904 12-1904 PALROビジネスシリーズ高齢者福祉施設向けモデルⅢ
富士ソフト(株)
「お話相手」「レクリエーションの司会進行」「健康体操のインストラクター」として、高齢者福祉施設における、様々な場面でのコミュニケーションを行い、高齢者のQOL向上と介護者の負担軽減を行います。 PDF
コミュニケーションロボット 12-1905 12-1905 音声認識コミュニケーションロボット『Chapit』(チャピット)
(株)レイトロン
雑音に強く高認識率の音声認識コミュニケーションロボット『チャピット』は、完全ハンズフリーでスムーズな会話を楽しめる未来型のロボットです。 PDF
褥瘡予防 12-1906 12-1906 座・布団(座圧軽減クッション)
(有)小池経編染工所
尾てい骨部分の座圧を除圧するという考えの移動用車椅子用クッションです。低反発と高反発を組合わせたハイブリットな「座・布団」です。 PDF
介護側の負担軽減(利用者の自立支援及び介護側からの促し) 12-1907 12-1907 赤ちゃん型コミュニケーションロボット「スマイビ」
(株)東郷製作所
①目・口・首が動き本物の赤ちゃんの声500音源 ②姿勢と揺れに反応 ③抱っこしやすい形 ④難聴の方も赤ちゃん言葉のため安心 ⑤充電・電源・音量のみの簡単操作 ⑤着ぐるみは取り外せ洗える       PDF
Movie

詳細情報まとめはこちら(PDF:23.2MB

相談窓口の設置ページの先頭へ
○電話による相談
03−3266−6883 または 03−3260−5121
○メールによる相談
robot@techno-aids.or.jp
○受付時間
月曜日〜金曜日 9:00〜17:00(土・日・祝日は休み)
お問い合せフォームによる相談/お問い合せ
実証施設等の募集(介護ロボットモニター調査事業等の流れ)ページの先頭へ
 当協会では、介護ロボット等の開発企業と介護現場のニーズを結びつけるため、介護ロボット等の開発にご協力いただける介護施設やリハビリテーションセンター等(以下「協力実施機関」)を募集しております。
 協力実施機関としてご登録いただくことにより、当協会が行う「介護現場と開発企業の意見交換実施事業」、「試作機器へのアドバイス支援事業」及び、「介護ロボット等モニター調査事業」にご参加いただける他、介護ロボット等に係る最新情報をメールマガジンや郵送にて、随時情報配信いたします。(メールマガジンの配信は不定期です。)
 ○令和2年4月現在の登録状況  665施設等
 ○登録を希望する介護施設等の方は、下記のページから情報登録してください。
 (介護ロボット等の開発に伴う協力実施機関の募集について)
  http://www.techno-aids.or.jp/robot/
「専門職によるアドバイス支援事業」及び「介護ロボットモニター調査事業」の流れ
「専門職によるアドバイス支援事業」及び「介護ロボットモニター調査事業」の流れ 「専門職によるアドバイス支援事業」及び「介護ロボットモニター調査事業」の流れ
福祉用具・実用化支援事業の概要・背景ページの先頭へ
福祉用具・介護ロボット実用化支援事業
福祉用具・介護ロボット実用化支援事業の背景
ロボット介護機器の開発重点分野
少子高齢化の進展に伴い、労働力の不足が深刻な社会問題となっている。また、超高齢化社会の到来により、要介護高齢者におけるニーズは多様化・複雑化しており、介護職員の腰痛予防も喫緊の課題とされている。このような情勢で厚生労働省では平成23年度より、「福祉用具・実用化支援事業」を実施した。過去の経過については下記を参照のこと。
年 度 内 容
令和元年度 参考:介護ロボット導入活用事例集2019(PDF:16.40MBNEW!!
   福祉用具・介護ロボットの開発と普及2019(PDF:23.40MBNEW!!
   福祉用具・介護ロボット実用化支援等一式 報告書 (PDF:14.90MBNEW!!
平成30年度 参考:福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2018(PDF:17.30MB
   介護ロボット事例集2018(PDF:5.36MB
   福祉用具・介護ロボット実用化支援等一式 報告書 (PDF:6.50MB
平成29年度 参考:福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2017(PDF:9.29MB
   介護ロボット事例集2017(PDF:4.23MB
   福祉用具・介護ロボット実用化支援事業報告書(PDF:4.47MB
   介護ロボット導入活用のポイント(PDF:7.19MB
平成28年度 参考:福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2016(PDF:4.48MB
   介護ロボット事例集 2016(PDF:3.96MB
   福祉用具・介護ロボット実用化支援事業報告書(PDF:5.67MB
   介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業(平成27年補正予算分)(PDF:3.20MB
   介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業(平成28年度分)(PDF:3.20MB
   介護ロボット導入好事例表彰 受賞案件紹介ガイドブック(PDF:9.41MB
   介護ロボットを活用した介護技術開発モデル事業 成果概要 (H27補正・H28)
平成25年−平成27年度 経済産業省のロボット介護機器開発・導入促進事業と連携して、機器開発機関と介護現場のマッチング支援を図るための取組み等を実施した。※詳細は下記の図を参照
参考:25年度報告書(PDF:8.67MB) 開発の手引き(PDF:5.04MB) /
   26年度報告書 福祉用具・介護ロボット実用化支援事業報告書(PDF:3.61MB) /
          実用化支援リーフレット(PDF:14.4MB) 支援技術テキスト /
   27年度報告書 重点分野別講師養成テキスト(PDF:5.37MB
           福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2015(PDF:8.34MB
平成26年度 経済産業省の補助を受け、ロボット介護機器導入実証事業の一環として、テクノエイド協会が「ロボット介護推進プロジェクト」を実施
参考:http://www.techno-aids.or.jp/robocare/index.shtml
平成25年度〜 経済産業省にて重点分野のロボット介護機器を対象とするロボット介護機器導入・促進事業を開始
平成25年度〜 参考:http://robotcare.jp/
平成25年6月 政府が掲げる「日本再興戦略」に介護ロボット開発が、ロボット介護機器開発5カ年計画として位置付けられた。
平成24年11月 厚生労働省と経済産業省の両省共同でロボット技術の介護利用における重点分野を公表
参考:http://robotcare.jp/
平成23−平成24年度 高齢者介護の現場におけるニーズを、しっかりと組み取った介護ロボット等の開発が必ずしも十分に行われているとは言えない現状も基に、2年間良質な介護ロボット等を実用化する上での有効となるスキームについての研究が行われた。
参考:23年度報告書(PDF:3.44MB) / 24年度報告書(PDF:3.16MB
   介護機器等モニター事例集(PDF:8.69MB
介護ロボットメーカー連絡会議ページの先頭へ

介護ロボットメーカー連絡会議の開催について
 日本の高齢化は、世界に例を見ない速度で進行しており、介護人材不足が大きな課題となっています。介護分野の人材を確保する一方で、限られたマンパワーを有効に活用する解決策の一つとして、高齢者の自立支援を促進し、質の高い介護を実現するためのロボット・センサー等の活用が期待されています。
 現在、福祉用具・介護ロボット(以下、「介護機器」という。)の介護現場における利用は、様々な分野で、様々な主体により取り組まれており、今後さらに介護機器の活用を推進するためには、介護現場のニーズをふまえた介護機器の開発、介護現場への介護機器の周知・体験機会の創出、介護機器を活用した介護技術・業務改善方法の構築等、開発・導入・普及・活用それぞれの段階で必要な取組を実施していくことが重要です。
 こうした背景のもと、関係企業に対して行政の動向及び介護ロボットに関する最新の取り組み状況等について周知するとともに、企業間等の情報共有や技術連携を通じて、介護ロボット開発のための新たなイノベーションの創出につなげることを目的とした「介護ロボットメーカー連絡会議(以下「本会議」)」を開催することと致します。

事務局
 公益財団法人テクノエイド協会 担当:谷田、蒲生、形山、五島
  〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
  TEL:03-3266-6883 FAX:03-3266-6885
  E-mail:robocare@techno-aids.or.jp

1.令和2年度 介護ロボットメーカー連絡会議の実施について (PDF:233KB ・日時 令和2年7月20日(月)13時00分〜16時40分
 ※本会議は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、WEB(Zoom)会議で実施します。

2.参加申込方法
・以下の項目を必ずメール本文に記載のうえrobocare@techno-aids.or.jpにご送付ください。
  〇氏名
  〇所属企業(団体)
  〇部署名
  〇電話番号
  〇メールアドレス
   ※後日、Zoomの参加招待メールを送付いたしますので、お間違えのないよう、ご注意ください。
・参加者は同一企業(部署)であっても1名ごとにお申込みください。
・事務局から申込受理についての返信は致しません。
・Webでの配信が最大300名までのため、定員以上の場合は入室できない場合がありますことご容赦下さい。
 (なお、メールによる申込がどうしても困難な場合には、以下の参加申込書をFAXにてお申込み下さい。)
  参加申込書(WORD:51KB
・参加申込期限 令和2年7月15日(水)

3.Zoom会議への参加方法
・こちらをご参照のうえ、ご参加下さい。
 ① パソコンでご利用の方(PDF:407KB
 ② スマートフォンでご利用の方(PDF:895KB
 ③ Zoomの基本的な操作方法等については以下の動画をご参考下さい。
   https://zoom.onemob.com/p/K5VK1pGvdJQ2N1c1wkX_OQ

4.配布資料
・資料全体(一括ダウンロード) (PDF:37.8MB

【第1部】
①行政報告 13:10〜13:50
ロボットに係る施策の動向
  厚生労働省老健局 高齢者支援課 介護ロボット開発・普及推進室 室長補佐 山田 士朗
 PDF
ロボットに係る施策の動向
  経済産業省商務情報政策局 ヘルスケア産業課 医療・福祉機器産業室 係長 加藤 晃治
 PDF
②情報提供 13:50〜14:45
福祉用具・介護ロボット実用化支援事業について
  公益財団法人テクノエイド協会 企画部 五島 清国
 ・介護現場のニーズをふまえた介護機器の開発に係る取組
   開発段階における介護現場と開発企業とのマッチング支援
   介護機器の開発に係る助成制度について(調査結果)
 ・介護機器の普及に係る取組
   介護事業所における介護ロボット情報交換会の実施にあたって
   介護ロボット活用事例集の作成にあたって
   介護ロボット導入支援事業の実施状況
 ・介護ロボット全国フォーラムの開催予定
 PDF
介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業について
  株式会社NTTデータ経営研究所 足立 圭司 氏
 PDF
介護ロボット地域フォーラム事業について
  株式会社シード・プランニング 荒川 信行 氏
 PDF
【第2部】
③取組報告 15:00〜16:00
介護ロボット開発におけるリビングラボの役割
  藤田医科大学 田辺 茂雄 氏
 PDF
介護ロボット開発におけるリビングラボの役割
  SOMPOホールディングス 片岡 眞一郎 氏
 PDF
介護ロボットの普及における地域の役割
  横浜市総合リハビリテーションセンター 渡邉 愼一 氏
 PDF
④基調報告 16:00〜16:40
介護ロボット開発・調査の最前線
 自動運転機能とコミュニケーションの実装に挑戦
  株式会社ZMP 西村 明浩 氏
 
介護ロボット開発・調査の最前線
 ロボット介護機器の海外動向と国際展開に向けた戦略
  株式会社日本経済研究所 前田 聡紀 氏
 PDF

募集要項
企業向け募集要項はこちら(PDF:947KB) (WORD:1.28MB) ※3事業共通

介護現場と開発企業の意見交換実施事業 【今年度の募集終了】ページの先頭へ

事業概要
開発コンセプトの段階(実機不要)や開発中(試作段階)の介護ロボット等について、介護施設での自由な意見交換を行い、当該機器等の課題や改良点及び、効果的な活用方法等について話し合いを行います。
※同一の機器を複数の協力施設等で行うことも可能とします。
※実施期間は1日〜2日程度(協力施設等と要相談)

○介護現場と開発企業の意見交換実施事業対象機器一覧

 当該事業について、今年度の募集は締切ました。多数のご応募ありがとうございました

案件番号 機器名称 応募事業者等 募集期限 PDF 意見交換
協力機関
02-A01 介護Log 2(ニオイセンサーつき見守りシステム)
(株)リキッド・デザイン・システムズ 募集終了 PDF 社会福祉法人清恵会
特別養護老人ホームおりーぶえん
社会福祉法人野の花会
アルテンハイム加世田
02-A02 AAS(Acoustic Area Scanner)音による空間認識 シェルエレクトロニクス(株) 募集終了 PDF 社会福祉法人正和会 
特別養護老人ホームひだまり苑
社会福祉法人清恵会
特別養護老人ホームおりーぶえん
02-A03 見守り支援システム(ベッド内蔵タイプ) (株)プラッツ 募集終了 PDF 社会福祉法人清恵会
特別養護老人ホームおりーぶえん
02-A04 高齢者(虚弱)用歩行訓練ロボット アスカ(株) 募集終了 PDF デイサービス未来図
(株)未来図Labo
名古屋市総合リハビリテーション事業団
02-A05 空気圧人工筋肉を搭載した腰部補助スーツ (株)コガネイ 募集終了 PDF 社会福祉法人正和会  特別養護老人ホームひだまり苑
社会福祉法人清恵会 特別養護老人ホームおりーぶえん
介護付き有料老人ホーム 夕佳ゆめみがさき
02-A06 Aeolusロボット 丸文(株) 募集終了 PDF 有料老人ホーム 
ソノラス・コート油壷
02-A07 体位変換サポートシステム (株)プラッツ 募集終了 PDF 特別養護老人ホームおりーぶえん
特別養護老人ホーム三陽
02-A08 フローラ・リフト(仮称) (株)熊谷組 募集終了 PDF デイサービス未来図 (株)未来図Labo
特別養護老人ホーム
木の花さくや
有料老人ホーム
ソノラス・コート油壷
特別養護老人ホーム
うみべの家
02-A09 トレッドミル対応フローラ(仮称) (株)熊谷組 募集終了 PDF デイサービス未来図 (株)未来図Labo
有料老人ホーム
ソノラス・コート油壷
02-A10 小型歩行器式フローラ(仮称) (株)熊谷組 募集終了 PDF デイサービス未来図 (株)未来図Labo

介護現場と開発企業の意見交換実施事業の応募書類一式

開発企業向け
(1)様式A
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業等 依頼書」
 (WORD:63KB
(2)様式B
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業等 依頼概要書」
 (WORD:74KB
介護施設等向け
(1)様式1
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業等 実施希望書」
 (WORD:79KB
(2)様式2
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業等 実施報告書」
 (WORD:76KB
(3)様式3
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業/試作機器へのアドバイス支援事業 請求書」
 (WORD:67KB

【提出期限等】
 令和2年7月20日以降、先着順とします。予算が無くなり次第受付を終了いたします。
 依頼書の内容を協会にて審査のうえ採用の可否を決定いたします。
 ※募集件数   20件程度 (同一機器での、複数案件の実施も可)

【提出先】
 上記必要書類を記載のうえ、下記の電子メールアドレスまで全ての電子媒体をご送信頂き、原本についても1部ご郵送ください。
  公益財団法人テクノエイド協会 企画部(蒲生(がもう) 谷田 形山 五島)
  〒162-0823
  東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
  TEL:03-3266-6883  電子メール:monitor@techno-aids.or.jp

試作機器へのアドバイス支援事業ページの先頭へ

事業概要
開発中にある介護ロボット等又は、上市して間もない(1年以内)介護ロボット等について、福祉用具や高齢者に係わる専門職等が試用等を行い、専門的なアドバイスを行うことにより、適用対象者の想定を行うとともに、真に必要とされる機能や性能の検討を行い、もって使用場面のニーズを的確に捉えた機器開発を促します。
※同一の機器を複数の協力施設等で行うことも可能とします。
※高齢者に実際に使用することはありません。
※実施期間は1週間〜1ヶ月程度(協力施設等と要相談)

○試作機器へのアドバイス支援事業一覧

案件番号 機器名称 応募事業者等 募集期限 PDF 意見交換
協力機関
02-B01 パワーアシストチェアEL (株)アイケアラボ 募集終了 PDF デイサービス未来図
(株)未来図Labo
めばえ
(株)三光
社会福祉法人天神会
特別養護老人ホーム天神荘
02-B04 タブレット版「運転基礎能力トレーニング」システム (株)PRIDIST 募集終了 PDF デイサービス未来図
(株)未来図Labo
医療法人和同会
広島パークヒル病院
02-B05 除菌バック 歯っぴー(株) 募集終了 PDF 有料老人ホーム ソノラス・コート油壷
02-B06 J-PAS fleairy(ジェイパス フレアリー) (株)ジェイテクト 募集終了 PDF 検討中
02-B07 身体冷却システム COOLEX (株)鎌倉製作所 募集終了 PDF デイサービス未来図 (株)未来図Labo
医療法人和同会 広島パークヒル病院
02-B08 体圧減圧・体位変換シート (有)小池経編染工所  募集終了 PDF (株)ナーステックラボ
特別養護老人ホーム
あいケアステーション六美
NEW 02-B09 歩容測定ツール AM Unit リーフ(株) 10月12日(月) PDF 募集中
NEW 02-B10 SKIP ROBO(スキップ ロボ) (有)京和工業 10月12日(月) PDF 募集中
NEW 02-B11 介護用"ベッドの上で入浴"機器 ベッドの上で入浴企画(株) 10月12日(月) PDF 募集中
NEW 02-B12 服薬サポートシステム「のめ太くん」 ニプロ(株) 10月12日(月) PDF 募集中

試作機器へのアドバイス支援事業の応募書類一式

開発企業向け
(1)様式A
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業等 依頼書」
 (WORD:63KB
(2)様式B
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業等 依頼概要書」
 (WORD:74KB
介護施設等向け
(1)様式1
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業等 実施希望書」
 (WORD:79KB
(2)様式2
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業等 実施報告書」
 (WORD:76KB
(3)様式3
 「介護現場と開発企業の意見交換実施事業/試作機器へのアドバイス支援事業 請求書」
 (WORD:67KB

【提出期限等】
 令和2年7月20日以降、先着順とします。予算が無くなり次第受付を終了いたします。
 依頼書の内容を協会にて審査のうえ採用の可否を決定いたします。
 ※募集件数   25件程度 (同一機器での、複数案件の実施も可)

【提出先】
 上記必要書類を記載のうえ、下記の電子メールアドレスまで全ての電子媒体をご送信頂き、原本についても1部ご郵送ください。
  公益財団法人テクノエイド協会 企画部(蒲生(がもう) 谷田 形山 五島)
  〒162-0823
  東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
  TEL:03-3266-6883  電子メール:monitor@techno-aids.or.jp

介護ロボット等モニター調査事業ページの先頭へ

事業概要
開発中又は上市して間もない(1年以内)介護ロボット等について、介護現場における使い勝手のチェックや介護ロボット等活用に係る具体的な課題やニーズの特定等を行い、もって企業が当該機器を開発又は改良する上で有用となる情報を収集するためのモニター調査を行うことを目的とします。
なお、本調査と合わせて実証試験を行うことも可能です。
※応募企業に対する費用補助はありません。
※同一の機器を複数の協力施設等で行うことも可能とします。
※実施期間は1ヶ月〜6ヶ月程度(協力施設等と要相談)

○モニター調査事業の対象機器一覧

案件番号 機器名称 応募事業者等 募集期限 PDF モニター調査
協力機関
NEW 02-C01 【見守り】
みまもりCUBE Plus-システムLight-

(株)ラムロック 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C02 【排泄支援】
おむつモニター(排泄通知システム)
(株)エフエージェイ 10月7日(水) PDF 有料老人ホーム ソノラス・コート油壷
NEW 02-C03 【移動支援】
フローラ・テンダー 
(株)ファテック(熊谷組グループ) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C06 【見守り】
睡眠見守りシステム
(株)中日諏訪オプト電子 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C07 【その他】
体位変換エアマットレス ここちあ利楽flow(ここちありらくふろー)
パラマウントベッド(株) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C08 【その他】
染め出しライト
歯っぴー(株) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C09 【その他】
摩擦を軽減! 動けるシーツ・動ける防水パッド
(有)ホームケア渡部建築 10月7日(水) PDF 医療法人 厚生会
NEW 02-C10 【排泄支援】
排泄検知システム
新東工業(株) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C12 【移乗支援】
せき損式スライディングボード「つばさ」
(株)E&I 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C13 【その他】
Aeolusロボット
丸文(株) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C15 【移乗支援】
サポートジャケット
ユーピーアール(株) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C16 【入浴支援】
wellsリフトキャリー WLC-Z低框用(ウェルスリフトキャリー)
積水ホームテクノ(株) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C17 【入浴支援】
シャワー温浴システム ケープ付
積水ホームテクノ(株) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C18 【その他】
転倒予防に役立つ足首運動リハビリ器具「足上げ君」
工房SERA 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C19 【見守り】
眠り解析センサーM-Sleep
フランスベッド(株) 10月7日(水) PDF 募集中
NEW 02-C20 【見守り】
まもる〜のHOME
(株)まもるーの 10月7日(水) PDF 有限会社ケアシェルパ 小規模多機能ホームあたがわ

モニター調査事業の応募書類一式

開発企業向け
(1)様式C
 「介護ロボット等モニター調査事業 要望書」
 (WORD:61KB
(2)様式D
 「介護ロボット等モニター調査事業 計画概要書」
 (WORD:83KB
(3)様式E
 「介護ロボット等モニター調査事業 事業報告書」
 (WORD:66KB
モニター実施施設向け
(1)様式4
 「介護ロボット等モニター調査 実施希望書」
 (WORD:80KB
(2)様式5
 「介護ロボット等モニター調査 結果報告書」
 (WORD:83KB
(3)様式6
 「介護ロボット等モニター調査 請求書」
 (WORD:65KB

【提出期限】
 令和2年8月20日(木)12時 必着
 協会が設置する「モニター調査検討委員会」で、要望書の内容と試作機器の事前検証を行い、採用の可否を決定いたします。
 ただし、新型コロナウイルス等感染症予防の観点から、モニター調査検討委員の開催をオンライン会議とする場合もあり得ます。
 この場合には事務局の指示に従って下さい。
 ※募集件数   15件程度

【提出先】
 公益財団法人テクノエイド協会 企画部(蒲生(がもう) 谷田 形山 五島)
  〒162-0823
  東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
  TEL:03-3266-6883  電子メール:monitor@techno-aids.or.jp

【提出物】
 正本1部、コピー1部、電子媒体(メールまたはCD)1部