福祉用具・介護ロボット実用化支援事業(平成29年度)

お知らせトピックスページの先頭へ
  • 相談窓口/お問い合せ
  • アドバイス・モニター調査事業
  • 実証の場の整備
  • メーカー連絡会議/試用貸出
  • 事業の概要・背景
相談窓口の設置ページの先頭へ
○電話による相談
03−3266−6883 または 03−3260−5121
○メールによる相談
robot@techno-aids.or.jp
○受付時間
月曜日〜金曜日 9:00〜17:00(土・日・祝日は休み)
お問い合せフォームによる相談/お問い合せ
専門職によるアドバイス支援事業及び介護ロボット等モニター調査事業ページの先頭へ

募集要項
(1)企業向け募集要項はこちら(PDF:1.08MB) (WORD:2.16MB

専門職によるアドバイス支援(専門職における試用評価)
①介護職員等との意見交換の実施
開発コンセプトの段階(実機不要)や開発途中(試作段階)にある介護ロボット等について、介護施設等での自由な意見交換を通じて、当該機器の対象者と適用範囲、期待される効果、開発にあたっての課題等についての話し合いを行うことを目的とします。

②専門職によるアドバイス支援(継続:昨年度と同様の取り組み)
開発早期の段階にある介護ロボット等について、高齢者や福祉用具に係わる専門職が専門的なアドバイスを行うことにより、真に必要とされる機能・機器の開発を促すことを目的とします。

〇専門職によるアドバイス支援の対象機器一覧

(1)介護職員等との意見交換

案件番号 機器名称 応募事業者等 募集期限 PDF 意見交換
協力機関
29-A01 在宅見守りシステム
Future Trek(株)
募集終了 PDF 特別養護老人ホーム緑の里
29-A02 Powered Clothing SUPERFLEX, INC. 募集終了 PDF 社会福祉法人 シルヴァーウィング 戸山いつきの杜
29-A03 医療介護向けコミュニケーション支援システム
意思伝達装置 RICANUS -リカナス-
(株)デジタリーフ 募集終了 PDF 社会福祉法人 シルヴァーウィング
特別養護老人ホームみさよはうす土支田

(2)専門職によるアドバイス支援

案件番号 機器名称 応募事業者等 募集期限 PDF アドバイス
支援協力機関
29-B01 座・布団(座圧減圧クッション) (有)小池経編染工所
募集終了 PDF 社会福祉法人 善光会
29-B02 体動センサ MTS-001(仮称)
ミネベアミツミ(株)
募集終了 PDF 社会福祉法人 正和会 大潟村 特別養護老人ホーム ひだまり苑
29-B03 簡易見守り機能付コミュニケーションアシストロボット機器
日圧総業(株)
募集終了 PDF NPO法人あいちサポートセンター未来
29-B04 非接触型離床センサー(仮) フランスベッド(株) 募集終了 PDF 検討中
NEW 29-B05 リハビリテーショントレーニングツール「TANO」 株式会社ラッキーソフト 11月27日(月) PDF 募集中

専門職によるアドバイス支援事業の応募書類一式

開発企業向け
(1)様式1
 「専門職によるアドバイス支援事業 依頼書」
 (WORD:33KB
(2)別紙
 「専門職によるアドバイス支援事業 依頼概要書」
 (WORD:31KB
専門職によるアドバイス事業実施施設向け
(1)様式1
 「専門職によるアドバイス支援事業 実施希望書」
 (WORD:35KB
(2)様式2
 「専門職によるアドバイス支援事業 実施結果報告書」
 (WORD:35KB
(3)様式3
 「専門職によるアドバイス支援事業・協力施設 請求書」
 (WORD:35KB

【提出期限等】
 平成29年6月19日以降、先着順とします。予算が無くなり次第受付を終了いたします。
 依頼書の内容を協会にて審査のうえ採用の可否を決定いたします。
 ※募集件数
 ・介護職員との意見交換会の実施 5件
 ・専門職によるアドバイス支援  5件

【提出先】
 上記必要書類を記載のうえ、下記の電子メールアドレスまでご送信頂き、原本を1部ご郵送ください。
  公益財団法人テクノエイド協会 企画部(加藤・山下・嶋谷)
  〒162-0823
  東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
  TEL:03-3266-6883  電子メール:monitor@techno-aids.or.jp

介護ロボット等モニター調査事業
開発中の介護ロボット等について、介護現場において、使い勝手のチェックやニーズの収集など、企業が機器開発上有用となる情報を収集するためのモニター調査を行うことを目的とします。
なお、本調査と合わせて実証試験を行うことも可能です。

○モニター調査事業の対象機器一覧

案件番号 機器名称 応募事業者等 募集期限 PDF モニター調査
協力機関
29-C01 (仮称)介護事業者向けライフリズム監視システム
ライフアセス“みいるも”
(株)アイオーテイー 募集終了 PDF 合同会社リハビリコンパス
29-C02 医療介護向けコミュニケーション支援システム 
意思伝達装置 RICANUS -リカナス-
(株)デジタリーフ 募集終了 PDF フォレスト垂水
29-C03 Pepper(Pepper専用アプリ・ケア樹あそぶ for Pepper) (株)グッドツリー 募集終了 PDF (株)ゆらリズム
29-C04 新素材を使用した介護用インナー「白寿」 介護用品のうさぎ屋 募集終了 PDF ヴォーリズ老健センター
29-C07 WHILL Model C WHILL(株) 募集終了 PDF 神奈川リハビリテーション病院 研究部
29-C08 マイ スワロー (株)ハッピーリス 募集終了 PDF 医療法人財団厚生協会 介護老人保健施設 足立老人ケアセンター
29-C11 起立補助装置「立ち助」 (株)邦友 募集終了 PDF 医療法人社団 明山会 山形ロイヤル病院
29-C12 こんにちは赤ちゃん
トレンドマスター(株) 募集終了 PDF 社会福祉法人東京聖新会
29-C13 ピュアット (株)金星
募集終了 PDF 社会福祉法人善光会 サンタフェ総合研究所 介護ロボット・人工知能研究室
29-C16 自動寝返り支援ベッド
フランスベッド(株)
募集終了 PDF 社会福祉法人善光会 サンタフェ総合研究所 介護ロボット・人工知能研究室

○モニター調査事業の対象機器一覧(経済産業省案件)

案件番号 機器名称 応募事業者等 募集期限 PDF モニター調査
協力機関
29-D01 wellsリフトキャリー(ウェルスリフトキャリー) 積水ホームテクノ(株) 募集終了 PDF (株)鎌倉乃えん(鎌倉ライフホームえん・鎌倉ケアホームえん)
29-D02 在宅介護見守りクラウドシステム (株)アドバンスド・デジタル・テクノロジー 募集終了 PDF (株)西日本医療福祉総合センター

モニター調査事業の応募書類一式

開発企業向け
(1)様式2
 「介護ロボット等モニター調査事業 交付金要望書」
 (WORD:33KB
(2)別紙
 「介護ロボット等モニター調査計画書」
 (WORD:35KB
モニター実施施設向け
(1)様式4
 「介護ロボット等モニター調査 実施希望書」
 (WORD:35KB
(2)様式5
 「介護ロボット等モニター調査 結果報告書」
 (WORD:36KB
(3)様式6
 「介護ロボット等モニター調査・協力施設 請求書」
 (WORD:34KB

【提出期限】
 平成29年7月14日(金)17時 必着
 協会が設置する「モニター調査検討委員会」で、要望書の内容と試作機器の事前検証を行い、採用の可否を決定いたします。
 ※募集件数
 ・一般公募案件 10件
 ・経産事業案件  2件(ロボット介護機器開発・導入促進事業採択企業)

【提出先】
 公益財団法人テクノエイド協会 企画部(加藤・山下・嶋谷)
  〒162-0823
  東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
  TEL:03-3266-6883  電子メール:monitor@techno-aids.or.jp

【提出物】
 正本1部、コピー13部、電子媒体(メールまたはCD)1部

実証の場の整備(介護ロボットモニター調査事業等の流れ)ページの先頭へ
 当協会では、介護ロボット等の開発企業と介護現場のニーズを結びつけるため、介護ロボット等の開発にご協力いただける介護施設やリハビリテーションセンター等(以下「協力実施機関」)を募集しております。
 協力実施機関としてご登録いただくことにより、当協会が行う「専門職によるアドバイス支援事業」及び、「介護ロボット等モニター調査事業」にご参加いただける他、介護ロボット等に係る最新情報をメールマガジンや郵送にて、随時情報配信いたします。(メールマガジンの配信は不定期です。)
 ○平成29年6月現在の登録状況  608施設等
 ○登録を希望する介護施設等の方は、下記のページから情報登録してください。
 (介護ロボット等の開発に伴う協力実施機関の募集について)
  http://www.techno-aids.or.jp/robot/
「専門職によるアドバイス支援事業」及び「介護ロボットモニター調査事業」の流れ
「専門職によるアドバイス支援事業」及び「介護ロボットモニター調査事業」の流れ 「専門職によるアドバイス支援事業」及び「介護ロボットモニター調査事業」の流れ
介護ロボットメーカー連絡会議ページの先頭へ

介護ロボットメーカー連絡会議の開催について
 少子高齢化が進展する我が国において、介護ロボットの開発・普及は喫緊の課題となっている。こうした中、厚生労働省では「介護ロボット開発等加速化事業」を創設し、機器開発の着想を促す方策としてニーズ・シーズ連携協調協議会の設置から、試作段階にある機器のモニター調査の実施、さらには実用化した介護ロボットの利活用に促進する介護技術の開発支援モデル事業等の実施に着手しています。
 また、本年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017」においては、自立支援等による利用者の生活の質の維持・向上と、介護者の負担軽減の両方を実現するため、現場のニーズを真に汲み取って開発シーズとつなげられるよう、プロジェクトを牽(けん)引するプロジェクトコーディネーターを新たに育成・配置すること。さらにはロボット介護機器の開発重点分野について再検証を行い、戦略的な開発の方向性を取りまとめ、来年度以降の新たな開発支援対象に反映させることと明記されたところです。
 こうした背景のもと、「介護ロボットメーカー連絡会議(以下「本会議」)」は、介護ロボットの開発・普及に向けた課題を共有化するとともに、在宅・施設等の事業者に対して介護ロボットの適切かつ効果的に利活用を促す取り組み、さらには介護現場のニーズや介護分野での応用が可能な技術シーズを的確に捉えた、新たな介護ロボットの開発を喚起する取り組み等を行うことを目的に本会議を開催するものです。

事務局
本会議は、福祉用具・介護ロボット実用化支援事業における介護ロボット等の普及・啓発事業の一環として位置付け、当協会が行います。
   公益財団法人テクノエイド協会 担当:加藤、山下、嶋谷、五島
    〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
    TEL:03-3266-6883 FAX:03-3266-6885
    E-mail:robocare@techno-aids.or.jp

1.平成29年度 介護ロボットメーカー連絡会議の実施について 資料1 (PDF:338KB

2.別添 参加申し込み票 (WORD:48KB
(注意)
提出期限は平成29年10月23日(月)17時迄です。
本「参加申込書」は必ず当日ご持参いただき、受付にてご提出ください。
・参加者多数の場合には、会場等の都合により、参加を連絡担当者1名に限定、あるいはお断りする場合があります。
・事務局から申込書受理のご回答は致しません。
・定員オーバーの場合のみ、その旨事務局からご連絡致します。

3.会場地図 (PDF:0.98MB

4.配布資料 ・資料2 介護ロボット関連施策の動向 −介護現場の革新を目指して− 厚生労働省老健局 高齢者支援課 (PDF:17.1MB
・資料3 ロボット介護機器に関する取組について 経済産業省製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 (PDF:2.99MB)(PDF:448KB
・資料4 福祉用具・介護ロボット実用化支援事業の実施状況等について (PDF:981KB
・資料5 ロボット技術の介護利用における重点分野の改訂について 平成29年10月12日 厚生労働省・経済産業省 プレスリリース PDF:361KB
・資料6 介護ロボット導入事例集の作成について (PDF:212KB
・資料7 介護ロボット等「試用貸出事業」の実施について (PDF:243KB)(Excel:469KB
・資料8 介護ロボットフォーラム2017の開催企画(案)について (PDF:681KB
・資料9 開発ニーズとシーズのマッチング方策(案)について (PDF:232KB)(Excel:17KB
・参考資料 未来投資戦略2017(抜粋) (PDF:2.46MB

5.メーカーによる事業報告 ・【キング通信工業(株)】シルエット見守りセンサのご紹介および現状と導入効果 (PDF:9.88MB
・【(株)イノフィス】移乗支援機器(装着型)”マッスルスーツ”の使用状況と導入効果について (PDF:3.05MB
・【パラマウントベッド(株)】見守り支援システム眠りSCAN (PDF:1.49MB

試用貸出事業についてページの先頭へ

介護ロボット等の試用貸出について
本事業では商品化された介護ロボット等の導入を前提として、より多くの介護施設等において介護ロボット等を実際に試用し利活用の可能性を検討し、適宜・適切な介護ロボット等の利用の推進を図ることを目的とした試用貸出事業を行っています。

  • ※下記一覧の貸出欄に”○”が付いているものが貸出可能な機器となります。
  • ※機器の貸出を希望される場合は、詳細情報PDFに記載の「メーカー問合せ先」へ直接お申し込みください。
  • ※貸出の条件(期間、料金など)はメーカーや機器ごとに異なります。詳細は直接メーカーへお問い合わせください。

【一時貸出】・・・イベントや研修会等での数日間の貸出    【試用貸出】・・・機器の導入を前提とした長期間の貸出

○介護ロボット等 <機器一覧>

登録No. 製品画像 機器名称/メーカー名 主な特長 詳細情報
/動画
一時
貸出
試用
貸出
A.移動・移乗支援
A-1601 A-1601 マッスルスーツ
(株)イノフィス
マッスルスーツは、着用により人の動きをサポートする筋力補助装置です。移乗作業において、持上げや持下げ時に腰にかかる負担を軽減します。 PDF
Movie
A-1602 A-1602 ロボヘルパー SASUKE
マッスル(株)
ロボヘルパーSASUKEは、ベッド⇔車いす(居室)の移乗をアシストします。 PDF
A-1603 A-1603 離床アシストロボット リショーネPlus
パナソニック エイジフリー(株)
ベッドの一部が車いすとして分離。2〜3名かけて行っていた要介護者のベッド−車いす間の移乗介助を、1人ででき、持ち上げない介護を実現。 PDF
A-1604 A-1604 ロボットアシストウォーカー RT.1
RT.ワークス(株)
歩行を安全、快適に電動アシスト。上り坂でパワーアシスト、下り坂で自動減速を行う他、 坂道で手を放しても自動でブレーキがかかって止まるので安心です。 PDF
Movie
A-1605 A-1605 ロボットアシストウォーカー RT.2
RT.ワークス(株)
歩行を安全、快適に電動アシスト。上り坂でパワーアシスト、下り坂で自動減速を行う他、 坂道で手を放しても自動でブレーキがかかって止まるので安心です。 PDF
Movie
B.排泄支援
B-1601 B-1601 水洗ポータブルトイレ キューレット
アロン化成(株)
水洗ポータブルトイレ「キューレット」は、新幹線のトイレと同じ仕組みです。ボタンを押すと少量の洗浄水により排泄物がトイレから吸い取られるので、お部屋の臭いが気になりません。 PDF
C.見守り支援
C-1601 C-1601 体動検知マットセンサ
(株)アートデータ
体動検知マットセンサは、マットと変換ユニットで構成されています。マットをベッドや布団の下に敷いて、その上に寝ると、周期的な体の振動を検知して、就寝中の高齢者を見守ります。 PDF
C-1602 C-1602 エンジェル・アイ
(株)イトデンエンジニアリング
カメラと複数の端末で要介護者の生活を見守ります。映像を見ながら双方向会話もできるので、要介護者の送るメッセージがより詳細に伝わります。 PDF
C-1603 C-1603 『シルエット見守りセンサ』
キング通信工業(株)
タブレット端末等から、居室に行かずにご利用者様の様子をシルエット画像で確認する事ができ、見守る側、見守られる側双方の負担軽減に役立ちます。 PDF
Movie
C-1604 C-1604 3次元電子マット見守りシステム
「Neos+Care(ネオスケア)」
ノーリツプレシジョン株式会社
要介護者のベッド周辺での転倒・転落を防止し、介護の負担を軽減できるだけでなく、履歴画像の記録でADLの管理・改善にもつながるシステムです。 PDF
C-1605 C-1605 ルナナース
AI TECHNOLOGY(株)
介護対象者様がベッドから離れる際の転倒転落を未然に防ぐために、ベッド上での動きを検知し、介護職員様にお知らせする、非接触式の離床センサです。 PDF
C-1606 C-1606 いまイルモ 親機(3G回線版/2-01G)
(株)ソルクシーズ
玄関または部屋の入口等に設置し、センサーに反応があればブザー音が鳴り、外出を知らせます。子機を増設する事で、複数の部屋の見守りも可能。 PDF
Movie
C-1607 C-1607 いまイルモ 親機(インターネット版/2-01L)
(株)ソルクシーズ
玄関または部屋の入口等に設置し、センサーに反応があればブザー音が鳴り、外出を知らせます。子機を増設する事で、複数の部屋の見守りも可能。 PDF
Movie
C-1608 C-1608 いまイルモ 子機(2-01C)
(株)ソルクシーズ
玄関または部屋の入口等に設置し、センサーに反応があればブザー音が鳴り、外出を知らせます。子機を増設する事で、複数の部屋の見守りも可能。 PDF
Movie
C-1609 C-1609 GEOフェンス型SANフラワー見守りロボット
加藤電機(株)
小型の発信機(小型SANタグ)を携帯した見守り対象者(認知症患者)が自宅の見守りエリア内に存在するかどうかをクラウドサーバーの見守りロボットが常に確認し、万一離設した時に、短時間で介護家族や介護職員等最大5か所にメールで通知してくれます。 PDF
C-1610 C-1610 クラウド型見守り支援システム 『CareBird<ケアバード>』
三昌商事(株)
センサーを身体につけることなく、就寝中の脈拍と呼吸の状態を常時センシングして、対象者のバイタルが低下したタイミングに急変サインを職員へ即時通知することにより人手の足りない夜間帯の見守りケアを支援します。 PDF
C-1611 C-1611 非接触・無拘束
ベッド見守りシステム
OWLSIGHT(アウルサイト)
(株)イデアクエスト
被介護者を非接触・無拘束で見守り、立つ・横たわるなどの大きな動きと安静時の小さな動きをどちらも検出可能なベッド見守りシステムです。 PDF
Movie
D.入浴支援
D-1601 D-1601 ナノミストバス ベッドタイプ
(株)アイン
ベッドサイドでの入浴を可能にする浴槽です。保温機能が高く、ミスト使用のため使用者の身体的負担が軽減できます。 PDF
Movie
E.機能訓練支援
E-1601 E-1601 ごっくんチェッカー
(株)ハッピーリス
嚥下障害の方の食事介助において、いつ飲み込んだかを介助者がスピーカーから確認できるため、次の一口を運ぶタイミングを知ることができます。 PDF
Movie
E-1602 E-1602 免荷式リフト POPO(ポポ)
(株)モリトー
立位支持性の低下している方でも、転倒リスクを極力低減し、対象者の移動目的を簡易に達成できます。 PDF
Movie
E-1603 E-1603 歩行リハビリ支援ツール Tree
リーフ(株)
早い時期からの歩行練習を楽しく行うために、映像と音声でわかりやすく案内し、一緒に歩いてサポートしてくれるロボットです。 PDF
F.服薬支援
F-1601 F-1601 服薬支援ロボ
ケアボット(株)
薬の時間を音声案内と画面表示でお知らせすることで、お薬の飲み忘れ・飲み過ぎ・飲み間違いを予防出来ます。 PDF
Movie
G.認知症セラピー支援
G-1601 G-1601 メンタルコミットロボット パロ
(株)知能システム
アザラシ型ロボット・パロとのふれあいにより、要介護者が楽しんだり、安らいだり、元気づけられ、会話も活性化します。 PDF
G-1602 G-1602 いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん
ピップRT(株)
癒し系パートナーロボット「うなずきかぼちゃん」がリニューアル。話しかけたり、触ったりすると、5種のセンサーやスイッチが反応し、うなずきながらおしゃべりします。 PDF
H.食事支援
H-1601 H-1601 楽のみ進化形sakura
一般社団法人TME
電力使わず調節しながら水分補給できる。従来のぐい飲み、楽飲み、ストロー付きコップをご使用いただけない方や口腔内環境(潤す、菌の増殖を抑制等)整えるためにご使用いただきたい商品が楽のみ進化形sakuraです。 PDF
I.その他
I-1601 I-1601 セーフティオレンジ
フランスベッド(株)
車いすから立ち上がる際に自動でブレーキがかかり、次に座る時にはブレーキがかかった状態で座ることができるので転倒を予防するとともに介助者の負担を軽減できます。 PDF
I-1602 I-1602 音声認識コミュニケーションロボット『Chapit』(チャピット)
(株)レイトロン
雑音に強く高認識率の音声認識コミュニケーションロボット『チャピット』は、完全ハンズフリーでスムーズな会話を楽しめる未来型のロボットです。 PDF
Movie

詳細情報まとめはこちら(PDF:1.90MB

福祉用具・実用化支援事業の概要・背景ページの先頭へ
福祉用具・介護ロボット実用化支援事業の概要
福祉用具・介護ロボット実用化支援事業の背景
介護ロボットの開発支援
少子高齢化の進展に伴い、労働力の不足が深刻な社会問題となっている。また、超高齢化社会の到来により、要介護高齢者におけるニーズは多様化・複雑化しており、介護職員の腰痛予防も喫緊の課題とされている。このような情勢で厚生労働省では平成23年度より、「福祉用具・実用化支援事業」を実施した。過去の経過については下記を参照のこと。
年 度 内 容
平成23−平成24年度 高齢者介護の現場におけるニーズを、しっかりと組み取った介護ロボット等の開発が必ずしも十分に行われているとは言えない現状も基に、2年間良質な介護ロボット等を実用化する上での有効となるスキームについての研究が行われた。
参考:23年度報告書(PDF:3.44MB) / 24年度報告書(PDF:3.16MB
   介護機器等モニター事例集(PDF:8.69MB
平成24年11月 厚生労働省と経済産業省の両省共同でロボット技術の介護利用における重点分野を公表
参考:http://robotcare.jp/
平成25年6月 政府が掲げる「日本再興戦略」に介護ロボット開発が、ロボット介護機器開発5カ年計画として位置付けられた。
平成25年度〜 経済産業省にて重点分野のロボット介護機器を対象とするロボット介護機器導入・促進事業を開始
平成25年度〜 参考:http://robotcare.jp/
平成26年度 経済産業省の補助を受け、ロボット介護機器導入実証事業の一環として、テクノエイド協会が「ロボット介護推進プロジェクト」を実施
参考:http://www.techno-aids.or.jp/robocare/index.shtml
平成25年−平成27年度 経済産業省のロボット介護機器開発・導入促進事業と連携して、機器開発機関と介護現場のマッチング支援を図るための取組み等を実施した。※詳細は下記の図を参照
参考:25年度報告書(PDF:8.67MB) 開発の手引き(PDF:5.04MB) /
   26年度報告書 実用化支援リーフレット(PDF:14.4MB) 支援技術テキスト /
   27年度報告書 重点分野別講師養成テキスト(PDF:5.37MB
           福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2015(PDF:8.34MB
平成28年度 NEW!! 参考:福祉用具・介護ロボットの開発と普及 2016(PDF:4.48MB
   介護ロボット事例集 2016(PDF:3.96MB
   福祉用具・介護ロボット実用化支援事業報告書(PDF:5.67MB
   介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業(平成27年補正予算分)(PDF:3.20MB
   介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業(平成28年度分)(PDF:3.20MB
   介護ロボット導入好事例表彰 受賞案件紹介ガイドブック(PDF:9.41MB